サラリーマンの税金・お金のお悩み解決なら大平宏税理士事務所

サラリーマンの税金・お金のお悩み解決なら大平宏税理士事務所

03-6456-4911
facebook

ブログ

75歳以上 医療費2割負担

2019年12月20日

政府は19日、社会保障制度改革の中間報告のなかで75歳以上医療費窓口負担を見直すことを明記しました。75歳以上で一定以上の所得がある人は原則1割負担から2割負担に上げるといったもので、2020年までの一律適用を目指す方針です。

 

では一定以上の所得とはいくらなのでしょう?これについては「高齢者の生活に与える影響を見極めて適切な配慮について検討する。」と記されており、具体的な金額はこれから決めるようです。日本の会社員の平均年収が約420万円とされていますので、ここは基準の目安の1つになるかと思います。

 

政府が「年齢ではなく所得に対する負担」を求めていく背景には少子高齢社会という課題があることは明白です。そのため、どの世代においても理解を得ることが必要とされますが、現役並みの所得の高齢者の場合、3割負担となることから高齢者からは反対されることでしょう。ただし、3割負担となる高齢者は一部にとどまるため、改革としては不十分と言えます。3割負担になるのであれば、働くのを制限しようと高齢者が考えることは経済的には合理的です。どこまでの年代が、どこまで働けば良いのか?国民が納得する線引きは難しそうです。

 

 

 

 

◆◇◆◇◆Eブック無料配布のご案内◆◇◆◇◆

【不動産所得の申告ガイド】Eブック

あなたは不動産所得の確定申告でお悩みではありませんか?

やり方次第では多くの税金が還付される確定申告、自己流で失敗している(還付を受け切れていない)方がほとんどです。この冊子は弊所税理士中山監修のもと、あなたに最も適した確定申告のやり方を解説しています。

↑「不動産所得の申告ガイド」のダウンロードは今すぐこちらをクリック

 

【青色申告と白色申告の違い】Eブック

あなたは確定申告で青色申告白色申告どちらを選択すべきかお悩みではありませんか?

ネット上の情報や関連書籍では「青色申告のメリット」ばかりが取り上げられがちです。青色申告にはデメリットもあり、白色申告の方が適している方も大勢います。この冊子は弊所税理士中山監修のもと、あなたが青色と白色のどちらにすべきかの答えを解説しています。

↑「青色申告と白色申告の違い」のダウンロードは今すぐこちらをクリック

 

【確定申告をしないとどうなるか】Eブック

例年、確定申告の期限は3/15で、うっかり忘れてしまった場合は速やかに対処すべきです。「無申告でもバレなきゃいいんでしょ?」という考え方で放置した場合はどうなってしまうのでしょうか。この冊子は弊所税理士中山監修のもと、確定申告をしなかった場合のペナルティや、ペナルティを回避できるケースを解説しています。

↑「確定申告をしないとどうなるか」のダウンロードは今すぐこちらをクリック

 

【世界一過酷な状況にある日本のサラリーマンから

 少しでもお金に対する悩みを取り除きたい】

~大平宏税理士事務所~