サラリーマンの税金・お金のお悩み解決なら大平宏税理士事務所

サラリーマンの税金・お金のお悩み解決なら大平宏税理士事務所

03-6456-4911
facebook

ブログ

郵便窓口でもキャッシュレス

2019年10月25日

消費税増税に合わせて政府がキャッシュレス決済に対する還元策を講じたことからも分かる通り、国策としてキャッシュレス決済の比率を高める動きが見られます。その流れを受け、日本郵便2020年2月よりキャッシュレス決済を導入すると発表されました。対象や概要は以下の通りです。

 

郵便料金や荷物(ゆうパックなど)の運賃

  • 切手、はがき、レターパックなどの販売品(印紙を除く)
  • カタログや店頭で販売している物販商品

 

上記の購入時、使えるキャッシュレス決済は

クレジットカード/デビットカード/プリペイドカード

iD/QUICPay/QUICPay+/WAON/交通系電子マネー

スマホ(コード)決済

ゆうちょPay/Amazon Pay/au PAY/LINE Pay/PayPay/楽天Pay(アプリ決済)等主要なキャッシュレス決済方法がほぼ網羅されています。

 

まずは全国65局の主要な郵便局で導入され、同年5月までに約8500局、2023年頃までに簡易局を除く全2万局で段階的に利用を広げます。キャッシュレス決済が日常化しつつある中、少し出遅れ感は否めませんがより便利になるのはうれしい事ですね!切手は金券ショップなどでの換金率も高いため、キャッシュレス決済による各種ポイントの3重取りなどができてしまうと不具合が起きそうですが、スタートするまでに対策が講じられることでしょう。