サラリーマンの税金・お金のお悩み解決なら大平宏税理士事務所

サラリーマンの税金・お金のお悩み解決なら大平宏税理士事務所

03-6456-4911
facebook

ブログ

これからは「LINEペイ」で納税!?

2019年4月10日

先週発表された告知ですが、福岡市ではLINEのキャッシュレス決済サービス「LINEペイ」で住民税を支払えるようになったそうです。決済方法は、住民税の納付書に印刷されたバーコードをスマートフォン(スマホ)のカメラで読み取るだけという簡単なもの。これで福岡市に住んでいる方は金融機関やコンビニまで支払いにいく手間が省けることになります。対象となる税目は市県民税や軽自動車税、固定資産税などで、約90万人の納税者が利用できると発表されました。政令市では大阪市に次いで2例目の導入です。

 

会社勤めで給料をもらっている方は「特別徴収」という形で給与天引きされる住民税ですが、納付書が自宅に送られてきて、銀行やコンビニなどで支払いをする「普通徴収」の方々の納付率の低さが問題となっています。半ば強制的に徴収している特別徴収と違って、「うっかり忘れていた」などのケースも多い普通徴収。新たな決済手段を導入することで納付率が改善することが期待されています。

 

私個人の考えでは「便利に払えるなら喜んで払います!」という国民はそう多くないでしょうから、納付率を上げたいのならば「ふるさと納税」のように「納税することにメリットを感じる」ような施策をどんどん打ち出していってもらいたいです。